これから開催されるセミナー・集中講義等


水戸数学・情報数理研究会2017

講演者(五十音順・敬称略):
 飯田渓太(東北大学大学院 医学系研究科 助教)
 大舘陽太(熊本大学大学院 先端科学研究部 准教授)
 小野寺有紹(東京工業大学 理学院 准教授)
 梶ヶ谷徹(産総研・東北大 MathAM-OIL 博士研究員)
 鈴木香奈子(茨城大学 理学部 准教授)
 瀬川悦生(東北大学大学院 情報科学研究科 准教授)
 田崎創平(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
 中川和重(福島大学 共生システム理工学類 准教授)
 中澤嵩(大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 准教授)
 中島千尋(JST さきがけ研究員)
 能川知昭(東邦大学 医学部 講師)
 長谷川雄央(茨城大学 理学部 准教授)
 前田昌也(千葉大学 大学院理学研究院 准教授)
 松江要(九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 助教)
 三浦佳二(関西学院大学大学院 理工学研究科 准教授)
 宮田洋行(群馬大学 理工学部 助教)
 和田正樹(福島大学 人間発達文化学類 准教授)
プログラム: こちら
日時: 2017/8/18 (Fri) 14:00 -- 2017/8/20 (Sun) 12:00
場所: 水戸・中央ビル8階会議室G
組織委員: 鈴木香奈子 (数学・情報数理コース)・前田昌也 (千葉大学 大学院理学研究院)・長谷川雄央 (数学・情報数理コース)
備考: 会場は席数が限られています。聴講を希望される方は事前に長谷川までご連絡ください (原則先着順とさせていただきます)。

集中講義「数学特論I」Besov空間, Triebel-Lizorkin空間入門

日時:2017/8/8/(Tue)12:40--10(Thu)11:50
場所:第7講義室
講師:野井貴弘先生
概要:Besov空間とTriebel-Lizorkin空間は3つの指数を持つ関数空間であり, 指数を適切に選ぶことによりLebesgue空間やSobolev空間, Holder-Zygmund空間などよく知られている関数空間と同型であることが知られている. またBesov空間は偏微分方程式においてもよく登場する関数空間であることから, ここでは急減少関数や緩増加超関数の復習から始め, Besov空間とTriebel-Lizorkin空間の基本的な性質を紹介する.
参考書:Hans Triebel, Theory of Function Spaces. 学内でDL可能(こちら).
問い合わせ先: 中井英一 (数学・情報数理コース)

過去のセミナー・研究会


第5回水戸幾何セミナー

題目:アファイン空間の曲線論入門
講演者: 古畑 仁 氏(北海道大学)
日時:2017/7/7 (Fri) 16:30--18:00
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨: アファイン微分幾何学というと,なぜか等積アファイン空間内の部分多様体論をさす場合が多い.数空間に標準的なアファイン接続およびそれに関して平行な体積要素を固定し,それらを保存する変換で移りあうものを合同と呼ぶ幾何学を微分幾何学的手法で研究する分野である.これには非常に多くの研究成果があるし,我々にとって学びやすい状況にあるといってよい.しかし,本来のアファイン幾何学?,数空間に標準的なアファイン接続を固定し,正則アファイン変換で移りあうものを合同と考える微分幾何学の研究は,あまり知られていないのではないだろうか.まずは曲線論から,その辺を手探りで開拓してゆくことを講演の目標とする.
問い合わせ先: 木村 真琴・大塚 富美子・入江 博 (数学・情報数理コース)

第5回水戸MIセミナー(水戸数学・情報数理セミナー)


日時:2017/06/16 (Fri) 14:30--17:00
場所:茨城大学図書館3階セミナールーム


[14:30--15:30]
題目:動的ネットワーク構造の秩序形成
講演者:青木高明氏(香川大学教育学部・准教授)

[15:50--16:50]
題目:真正粘菌に学ぶ適応ネットワーク理論と血管網への応用
講演者:手老篤史氏(九州大学マスフォアインダストリ研究所・准教授)


問い合わせ先: 長谷川雄央・鈴木香奈子 (数学・情報数理コース)

第4回水戸幾何セミナー

題目:対称性を持つ極小ラグランジュ部分多様体のリダクション
講演者:梶ヶ谷 徹 氏(産総研 MathAM-OIL)
日時:2017/4/21 (Fri) 16:30--18:00
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨:ファノ多様体内のK-不変ラグランジュ部分多様体Lに対し, Hsiang-Lawson型の定理を与える. すなわち, ある共形ケーラー計量に関するLの極小性は, ケーラー商空間内のHsiang-Lawson計量に関するL/Kの極小性と同値であることを示す. また, 正のリッチ曲率を持つケーラーアインシュタイン多様体上の余等質性1作用から決まるS^1作用を用いて, ケーラー商の例を与え, これらを用いて, 極小ラグランジュ部分多様体の様々な例を構成する.
問い合わせ先: 木村 真琴・大塚 富美子・入江 博 (数学・情報数理コース)

平成28年度(2016年度) 理工学研究科 博士前期課程 理学専攻 数学・情報数理系 情報数理分野 修士論文発表会

日時:2017年2月16日(木)14 : 40〜15 : 50
場所:茨城大学理学部K棟インタビュースタジオ
プログラム(プログラムPDFファイルはこちらから

開会のあいさつ:長谷川 雄央 先生
修士論文発表: (発表23分+質疑応答7分)
14:45--15:15  稲葉 和哉(長谷川 博 研)
「Auto-coding を用いた Deep Learning」
15:15--15:45 島 優太(藤間研)
「二分決定木を用いた「数独」の解析」
講評:村重 淳 先生
情報数理関係者以外の方々のご参加・ご質問も歓迎します.(なお,修士論文審査会は発表会後に非公開で行われます.)

平成28年度(2016年度) 茨城大学大学院 理工学研究科 理学専攻
数学・情報数理系(数学分野) 修士論文発表会

日時:2017年2月16日(木)
場所:茨城大学理学部第10講義室
プログラム(プログラムPDFファイルはこちらから

13:00--13:25 高野 理緒
「サイン関数のオイラー積」
13:25--13:50 鈴木 暢紘
「変分法を用いたTHOMAS-FERMI問題の考察」
13:50--14:15 吉水 正徳
「ある発癌初期に見られるパターン形成を記述する反応拡散系の
定数定常解の安定性に対する考察」
--------------休憩---------------
14:45--15:10 小林 千也
「乱流のある環境での植物プランクトン分布を記述したある数理モデルの
解の挙動と定常解の存在」
15:10--15:35 中村 仁
「半砂漠地帯における植生パターンを記述する数理モデルの
非定数定常解の存在について」
15:35--16:00 小野崎 崇仁
「S^2×R の極小曲面について」
16:00--16:25 千葉 大樹
「4次の代数体の素イデアル分解」
*論文発表20分+質疑応答5分

平成28年度(2016年度) 数学・情報数理コース 情報数理プログラム  卒業研究発表会

日時:2017年1月26日(木)16:20〜17:30
場所:茨城大学理学部K棟インタビュースタジオ
プログラム(プログラムPDFファイルはこちらから

開会のあいさつ:村重 淳 先生
卒業研究発表会: (発表15分+質疑応答5分)
16:25--16:45 小林 路樹(長谷川 博 研)
「未知言語の単語分割」
16:45--17:05 岩瀬 優太(長谷川 雄央 研)
「LinkSalienceを用いた日本航空網の分析」
17:05--17:25 高野 信生(長谷川 博 研)
「ニューラルネットワークを用いたデータ解析」
講評:藤間 昌一 先生
情報数理プログラム関係者以外の方々のご参加・ご質問も歓迎します。なお、情報数理分野の修士論文発表会は2月16日(木)4講時に行う予定 です(いずれ詳細を掲示します)。

第4回水戸MIセミナー(水戸数学・情報数理セミナー)


日時:2016/12/19 10:00--
場所:茨城大学水戸キャンパス理学部G棟G414室


[1]
題目:通信行動データを利用したソーシャルネットワーク分析
講演者:津川翔氏(筑波大学大学院システム情報工学研究科)

[2]
題目:テンポラル・ネットワークの動力学的モデル
講演者:高口太朗氏(情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所)

[3]
題目:ネットワーク上の進化ワクチン接種ゲームにおける同調圧力の影響
講演者:一ノ瀬元喜氏(静岡大学学術院工学領域)


備考: 各講演の概要はこちらをご覧ください。十分な議論を行うため、各講演の終了時間を定めておりません(各講演最大90分程度の時間枠を用意しています)。お気軽にご参加ください。
問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

第3回水戸幾何セミナー

題目:Harmonic maps into Lie groups, revisited
講演者:井ノ口 順一 氏(筑波大学)
日時:2016/11/11 (Fri) 17:00--18:30
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨:1980年代後半にかけてUhlenbeckは, カイラル場(リーマン面を定義域としコンパクト半単純リー群に値をもつ調和写像)に対し ユニトン(uniton), ユニトン変換, ユニトン分解などの概念を導入した(1989). とくに定義域がリーマン球面のカイラル場はグラスマン多様体への正則曲線の積に分解できることを示した.Uhlenbeckの結果はSegalによりループ群無限次元幾何学として書き換えられた(1991).
Uhlenbeck-Segal理論では, リー群が両側不変計量をもつことが本質的であり一般のリー群へと拡張することはできない. Josef Dorfmeister氏(TU-Munchen), 小林真平氏(北海道大)との共同研究で, カイラル場の可積分構造は計量でなく, 両側不変接続に由来することが明らかになった. 両側不変接続に着目しUhlenbeck-Segal理論の一般化した構成法を与えることができることを報告する.
問い合わせ先: 木村 真琴・大塚 富美子・入江 博 (数学・情報数理コース)

水戸幾何小研究集会

日時:2016/10/22 (Sat)
場所:茨城大学理学部 B棟329室
世話人: 木村 真琴・大塚 富美子・入江 博 (数学・情報数理コース)
お問合せ: 茨城大学理学部 数学・情報数理領域
〒310-8512 水戸市文京2−1−1
Email: hiroshi.irie.math@vc.ibaraki.ac.jp(入江)
プログラム
11:00--12:00 庄田敏宏(佐賀大学)
「Jacobi多様体による三重周期極小曲面の変形族の構成について」
13:00--14:00 木村真琴(茨城大学)
「Submanifolds of complex space forms and twistor space of complex 2-plane Grassmannian」
14:20--15:50 大仁田義裕(大阪市立大学)
「OT-FKM 型等径超曲面について(サーベイ)」
〜 coffee break 〜
16:30--17:30 江尻典雄(名城大学)
「トーラスの極小曲面に関するWeierstrass data 空間の構造」

偏微分方程式および関連する諸問題

日時:2016/09/10--2016/09/11
場所:茨城大学理学部 インタビュースタジオ(理学部 K 棟 1 階西側)
詳細: 最新情報をこちらの特設ページでご確認ください。
世話人: 安藤広・下村勝孝・鈴木香奈子・中井 英一 (数学・情報数理コース)

第3回水戸MIセミナー(水戸数学・情報数理セミナー)


日時:2016/8/10 14:00--
場所:茨城大学水戸キャンパス理学部G棟G414室


[1]
題目:自己組織化臨界ダイナミクスに基づくネットワーク形成
講演者:水高将吾(統計数理研究所統計思考院・特任助教)

[2]
題目:パーコレーションの二段転移についての解析
話題提供者:浮田裕基(北海道大学大学院理学院物性物理学専攻・修士1年)

[3]
題目:link salienceの特徴と実例
話題提供者:岩瀬優太(茨城大学理学部数学情報数理コース・学部4年)


備考: 話題提供と議論が主となります。お気軽にご参加ください(長谷川)
問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

茨城大学大学院理工学研究科「情報数理特論I」(集中講義)


講師:中島千尋氏(東北大学)
日時:2016/8/8,9 10:30--18:00
場所:理学部G棟414室
内容: 組み合わせ最適化問題、多変数分布のサンプリング問題、機械学習などに広い応用を持つモンテカルロ法について解説する。統計力学のモデルからも実例を紹介。
 1. 確率分布の(関数形を陽に使わない)サンプリング : マルコフ連鎖
 2. マスター方程式と定常分布、詳細釣り合い条件とメトロポリス法
 3. 結果の収束と誤差評価 : 大数の法則、中心極限定理、エラーバー
 4. 最適化問題および期待値計算への応用
 5. サンプリングのボトルネック : 相転移現象
 6. 熱力学積分によるエントロピーの計算とその応用
 7. 発展的な話題 : レプリカ交換法、マルチカノニカル法、詳細釣り合いの破れ
 8. 本講義のまとめ
備考: 大学院の講義ですが、学部生もお気軽にご参加ください(長谷川)
講義資料: こちら から講義スライドを見ることができます(学内限定ページ)。
問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

第33回金曜セミナー

題目:Hardy-Rellich不等式の剰余項について
講演者:和田出 秀光氏(金沢大学)
日時:2016/7/22 (Fri) 15:00--
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 安藤広、中井英一、堀内利郎 (数学・情報数理コース)

茨城大学大学院理工学研究科「先端科学トピックスII」


題目:人工知能の最前線 〜世界を変える機械学習技術とは〜
講師:安田宗樹氏(山形大学工学部)
日時:2016年7月15日16:20--
場所:理学部G棟414室
概要: ここ数年連日のように人工知能関連のニュースが世間を賑わせている。実際、人工知能研究分野は加速度的な発展を遂げており、今後もその裾を広げていくことだろう。この発展の土台にあるのが「深層学習(ディープラーニング)」と呼ばれる機械学習技術である。深層学習は従来の観点とは少々異なるパラダイムに基づく学習アルゴリズム技術であり、深層学習の成功が連日のニュースで見るような華々しい成果につながっている。本講義では、深層学習が一体どのようなものなのか、そして何故すごいのか等を基礎的なところから説明していくつもりである。
問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

第2回水戸幾何セミナー

題目:Theory of local index and its applications
講演者:吉田尚彦 氏(明治大学理工学部)
日時:2016/6/24(Fri)14:30--16:00
場所:理学部B棟329室
概要: We report a recent progress of the joint work with H. Fujita and M. Furuta on an index theory of a Dirac-type operators on possibly non-compact Riemannian manifolds. In our work we make use of a structure of torus fibration on the end, and perturb a Dirac-type operator in terms of first order differential operators along fibers on the end which satisfy a kind of acyclic condition. The perturbation allows an interpretation as an adiabatic limit or an infinite dimensional analogue of the Witten deformation. We also explain applications to the geometric quantization of Lagrangian fibrations, the quantization conjecture by Guillemin-Sternberg that implies the quantization commutes with the reduction, and the Danilov formula for the equivariant Riemann-Roch indices of the toric varieties.
問い合わせ先: 木村真琴・大塚富美子・入江博 (数学・情報数理コース)

第1回水戸幾何セミナー

題目:Almost all Lagrangian torus orbits in CP^n are not Hamiltonian volume minimizing
講演者:小野肇 氏(埼玉大学)
日時:2016/5/20(Fri)14:30--16:00
場所:理学部B棟329室
問い合わせ先: 木村真琴・大塚富美子・入江博 (数学・情報数理コース)

複雑ネットワークウィンターセッション2016


日時:2016/03/07--2016/03/09
場所:茨城大学理学部第10講義室
講演者:
 Dimitri Volchenkov (Bielefeld University)
 安東弘泰 (筑波大学大学院システム情報工学研究科・助教)
 井手清貴(防衛大学校情報工学科・D3)
 江崎貴裕 (東京大学先端科学技術研究センター、日本学術振興会特別研究員PD)
 大森亮介 (北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター・助教)
 小林照義 (神戸大学大学院経済学研究科・准教授)
 齋藤正也 (統計数理研究所データ同化研究開発センター・特任准教授)
 坂本陽平(京都大学大学院理学研究科・D3)
 村瀬洋介(理化学研究所計算科学研究機構・PD)
 伊藤秀剛(東京大学大学院工学系研究科・M2)
 大石晃史(東京大学大学院工学系研究科・D4)
 高口太朗 (国立情報学研究所, JST ERATO河原林巨大グラフプロジェクト・研究員)
プログラム:特設ページをご覧ください。

問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

平成27年度(2015年度) 数学・情報数理コース 情報数理プログラム  修士論文・卒業研究発表会

日時:2016年2月23日(火)9:30〜16:00
場所:茨城大学理学部インタビュースタジオ
プログラム(プログラムPDFファイルはこちらから

卒業研究発表会: 第一部(司会・タイムキーパー:考究生3名)
9:30--9:50 安藤 優祐(藤間研)
「マルチスレッドアルゴリズム」
9:50--10:30 大山 雅司(村重研)
「硬い常微分方程式の初期値問題に対する数値解法」
10:10--10:30 小川 修平(長谷川博研)
「オープンデータを用いた人口動態」
10:30--10:40 休憩
10:40--11:00 小岩 史行(藤間研)
「バンブー麻雀におけるあがり・聴牌の数理」
11:00--11:20 大槻 達也(渡邊研)
「Excel を用いた渋滞流のシミュレーション」
11:20--11:40 小林 廉(藤間研)
「整数論的アルゴリズム」
卒業研究発表会: 第二部(司会・タイムキーパー:考究生3名)
13:00--13:20 中村 文美(長谷川博研)
「カルマンフィルタによる GDP の解析」
13:20--13:40 篠原 彰吾(藤間研)
「川渡し問題」
13:40--14:00 小池 倫明(長谷川博研)
「乗用車売上台数のデータ解析」
14:00--14:10 休憩
14:10--14:30 須貝 光裕(渡邊研)
「 2 のべき乗を法とする演算下での、正則な行列の存在確率とその生成法」
14:30--14:50 渡邊 雅也(藤間研)
「神経衰弱の数理モデル化」
14:50--15:10 大内 智裕(長谷川博研)
「二酸化炭素濃度の解析」
修士論文発表会(司会・タイムキーパー:稲葉 和哉、島 優太)
15:30--16:00 鈴木 尚也(長谷川博研)
「逐次ベイズフィルタを用いた時系列解析」

平成27年度(2015年度) 茨城大学大学院 理工学研究科 理学専攻 数学・情報数理系(数学分野) 修士論文発表会

日時:2016年2月22日(月)10:30〜15:30
場所:茨城大学理学部第7講義室
プログラム(一人25分(論文発表20分+質疑応答5分))
■プログラムPDFファイルはこちらから

10:30--10:55 荒原 隆之
「離散型個体群モデルにおける収穫時期と解の挙動」
10:55--11:20 中島 健太
「出生率が総個体数に依存する個体群モデルにおける収穫の決定過程」
11:20--11:45 井野崎 惇
「Mullins-Sekerkaモデルの古典解の存在について」
[昼休み]
13:00--13:25 熊谷 翔
「クリティカルな指数を含む半線形楕円型方程式の正値解について」
13:25--13:50 結束 俊太郎
「楕円型偏微分方程式における最大値原理」
13:50--14:15 齋藤 俊
「The Hardy-Littlewood maximal operator and BMO」
[中休み]
14:35--15:00 萩谷 和菜
「2次のユークリッド体について」
15:00--15:25 山田 隆太郎
「ミンコフスキー空間上の曲線論」
15:25--15:50 若宮 博志
「共形空間とクリフォード代数について」

第2回水戸MIセミナー



日時:2015/12/21 (Mon) 13:30--16:10
場所:茨城大学図書館3階セミナールーム


[13:30--]
題目:ゆらぎをもつ細胞内ダイナミクスの数理解析
講演者:飯田渓太(東北大学病院・臨床研究推進センター)
要旨:こちらをご覧ください。

[14:40--]
題目:時間・空間情報を考慮したネットワーク研究の応用
講演者:高口太朗(国立情報学研究所・ERATO 河原林巨大グラフプロジェクト)
要旨:こちらをご覧ください。


問い合わせ先: 鈴木香奈子・長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

第32回金曜セミナー

題目:Characterizations for the Fock-type space via higher order derivatives and its application
講演者:植木誠一郎 氏(茨城大学)
日時:2015/10/16 (Fri) 15:00--
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 中井英一 (数学・情報数理コース)

第31回金曜セミナー

題目:スケール不変構造を保つ臨界 Hardy 不等式の剰余項
講演者:猪奥倫左氏(愛媛大学)
日時:2015/07/31 (Fri) 15:30--
場所:茨城大学理学部B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 堀内利郎 (数学・情報数理コース)

第30回金曜セミナー

題目:Remarks on the strong maximum principle involving p-Laplacian
講師:劉暁静(茨城大学・理工学研究科博士後期課程)
日時:2015/6/5 (Fri) 15:30--
場所:茨城大学理学部 B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 堀内利郎 (数学・情報数理コース)

第29回金曜セミナー

題目:Krein space representation of analytic Hilbert modules
講師:瀬戸道生(島根大学)
日時:2015/5/29 (Fri) 15:30--
場所:茨城大学理学部 B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 中井英一 (数学・情報数理コース)

第1回水戸MIセミナー



題目:複雑ネットワーク上における,ある反応拡散モデルの平衡解の安定性解析
講演者:町田拓也(日本学術振興会)
日時:2015/5/22 (Fri) 14:00--
場所:茨城大学理学部 G414室
要旨:本講演では,グラフ上で定義される反応拡散モデルに対して,その反応拡散方程式の,ある平衡解の安定性を議論する.グラフとしては,拡張版円環と複雑ネットワーク(Erdos-Renyiモデル,Watts-Strogatzモデル,しきい値モデル)を扱う.拡張版円環上の反応拡散モデルに対しては,頂点数を十分大きくとったときの漸近解析結果を紹介する.一方,複雑ネットワーク上のモデルに対しては,数値解析による結果をいくつか紹介する.講演内容は,井手勇介さん(神奈川大学),出原浩史さん(宮崎大学)との共同研究論文にもとづく[1].

[1] Yusuke Ide, Hirofumi Izuhara, Takuya Machida, Turing instability in Reaction-Diffusion models on complex networks, arXiv:1405.0642.

問い合わせ先: 長谷川雄央 (数学・情報数理コース)

第28回金曜セミナー

題目:Div - curl lemma with critical power weights in dimension three
講師:筒井容平(信州大学)
日時:2015/5/1 (Fri) 15:30--
場所:茨城大学理学部 B棟329室
要旨:金曜セミナーHPをご覧ください
問い合わせ先: 中井英一 (数学・情報数理コース)

2014年度以前のセミナー・研究会情報はこちら(学内限定)

金曜セミナー

金曜セミナー情報はこちら