数学・情報数理コースについて

前世紀から今世紀にかけて、数理科学は目覚ましい発展を遂げました。その発展は、一方ではより深く、 そして他方ではより広いものになっています。例えば、ポアンカレ予想が証明されたというニュースは、テレビなどマスメディアでも大きく取り上げられましたから、ご存じの皆さんもいらっしゃるのではないでしょうか。また他方、情報科学や複雑系科学のようにコンピュータと結び付くことで、従来数理科学の対象ではなかった生物学、心理学、経済学などに対しても、数理科学が応用されています。

このコースでは、 数学を中心とした論理の展開および表現能力の充実を図る数学プログラムと、情報数理の論理とコンピュータ科学・データ科学の手法を学ぶ情報数理プログラムを設けています。いずれのプログラムにおいても、数学を基礎とした論理展開力とコンピュータを用いた情報処理能力を共通の土台として、数理科学のさまざまな問題について、その解決に至るまでの考え方を実践的に学びます。 どちらのプログラムにおいても、論理的思考力を養い、自分できちんとした判断のできる人材の育成、そして情報化時代の担い手として現代社会の発展に寄与できる人材の育成を目指します。また、さらに研究を望む学生に対しては、大学院への進学の道も開かれています。大学院での教育を通して、21世紀の数理科学の発展に寄与できる人材の育成にも努めます。

数学・情報数理コースの研究分野

数学・情報数理コースの教員は以下のようなキーワードの研究を行っています。各教員の研究分野は「メンバー」の欄をご覧ください。教員によっては個人のウェブサイトに詳細な情報を載せています(「メンバー」の教員名の脇にリンクがあります)。

数学:代数的整数論、微分幾何学、実解析学、複素解析学、調和解析学、函数解析学、微分方程式論、シンプレクティック幾何

情報数理:計算数学、数値解析・数値計算、データ解析、数理モデル、ネットワーク科学

数学・情報数理コースの教育について

教育目標:数学・情報数理コースでは、21世紀の数理科学の発展と社会への還元に寄与できる人材の養成を行います。数学を基礎として論理的思考力を養い、現代社会において著しい発展を遂げている情報科学についての手法を修得し、見かけの複雑さに惑わされない真に科学的な分析能力・問題解決能力を持った人材を育成します。

学部1・2年の教育内容:数学およびコンピュータの基礎をじっくり学びます。総花的な知識の集合ではなく、基礎学力の総合的運用ができるように、講義および演習・実習を通じて、基礎から緻密に論理を組み立てていくことの重要性について体験を重ねます。また専門性の幅を広げる意味から、理学基礎科目についても選択的に学習し、コースにおける専門性の理学に占める位置関係について俯瞰を得ます。さらに専門以外の教養については、外国語(特に英語)の運用能力を重視しつつ、人文系・社会系・保健体育系の各科目に接する機会を設け、総合的な見識を深めます。

学部3・4年の教育内容:学部3・4年では、「数学プログラム」と「情報数理プログラム」に分かれてさらに学習を続けていきます。「数学プログラム」では、より高度な数学を学び、数学の論理体系について把握することを目標とします。「情報数理プログラム」では、情報科学・コンピュータ科学・データ科学の手法を用いて、数理科学的問題の解決に至るまでの考え方を実践的に学びます。2つのプログラムは、3年次以降においても相互に関連しており、いずれかのプログラムを選択した後でも、もう一方のプログラムに含まれる科目を履修することができます。

授業関連図こちらのファイルをご覧ください。

教員免許:数学・情報数理コースの多くの学生が教員免許の取得を目指しています。本コースでは所定の単位を取得することにより、「数学」の教員免許(中学校一種免許状・高等学校一種免許状)及び「情報」の教員免許を取得することができます。頑張れば数学と情報、両方の免許を取ることが可能です。
 さらに、大学院に進学し、さらに勉強して高度な専門性を身につけることで、「数学」の教員免許(中学校専修免許状・高等学校専修免許状)を取得することが可能です。大学院修了後に教員になる人も多くいます。

English


MENU

学内限定

リンク

■論文の著作権譲渡について